アメリカ 大使館 ビザ 面接

アメリカビザ取得で気になるポイントの一つが、やはり英語面接ではないでしょうか?
(※英語が出来る人は、関係ないかもしれませんが。。。)

 

今回は2011年6月某日に行ってきました(溜池山王駅にあるアメリカ大使館)VISA取得の面接について、参考までに記載しておきたいと思います。

taisikan1.jpg

 

まず、朝7時50分に到着。

taisikan2.jpg

 

噂ではこの時期、帰省や夏休みのバカンス組みなどの影響で激混みすると聞いていたので今回は8時10分の予約をして、余裕をもって現地に7時50分に到着しましたが、既に長蛇の列・・・


30分ほど外で待った後は入り口で荷物検査。
ここで飲み物や電子機器(PCや携帯や電子辞書など)は全て預ける形になります。


その後、空港みたいに金属探知機ゲートを通った後、奥の建物へ移動。
そこでまた書類を確認してもらい、さらに奥の部屋へ入っていくと、
面接の会場らしき場所へ到着します。


ここでもすでに順番待ちの人が約100人程度。。
在日大使館なのに人種は雑多で欧州系もいればアジアの人もたくさんいました。


会場ではブースは全部で10箇所並んでおり、1・2番は移民申請専用で、就労ビザの非移民ビザは3~10番となっておりました。そのうち3つくらいの窓口は指紋採取と本人確認だけを行う窓口に使われ、残りの窓口で面接が行われています。

面接と聞いていたので会議室のようなものを想像していたのですが、実際はブースの前で立ちで面接を行うスタイルでした。

会場についてからの流れとしては、下記になります。

①窓口1番で書類を提出⇒申請番号の発行

②会場内のイスでひたすら待つ。。
※1時間くらいは待ちましたが、会場内でCNNと日テレが流れていたので、なんとか待てました(笑)文庫本など持って行くと良いかもしれません。

③指紋採取&本人確認
※こちらは流暢な日本語で対応されました

④いよいよ面接
※面接に関しては窓口によって、日本語と英語異なる形でした。

ちなみに、自分は英語での面接。
今回はB1ビザだったので、10分くらいで終了し、無事承認の書類を頂きました。

質問内容としては、

・何の目的で行くのか?
・どれくらいの期間行くのか?
・所属の会社はどこか?
・給与は誰が払うのか?
・役職は何か?
・どうしてそんなに長い期間行く必要があるのか?

などでした。
元々英語はあまり出来ないのですが、ある程度準備しておいたため、なんとか問題なく応対が出来、無事Visaの申請も頂くことが出来ました!!


結構、落ちている人もいたので、英語の出来ない方はある程度の準備はしておいた方が良いかと思います。

海外赴任.comTOPへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外単身赴任へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外出張へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

最近のブログ記事

利口な海外航空券の取り方?
今年になって、仕事がら航空券をとる機会が…
アメリカ 大使館 ビザ 面接
アメリカビザ取得で気になるポイントの一つ…
アメリカ ビザ 写真
Visa取得の際に必要となるのが、5cm…